FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.10.09 (Fri)

ウコンの副作用

ウコンは大学などでの実験・研究が重ねられ、今では代表的な健康食品として紹介されています。有名な食品メーカーまでもがウコン製品をTVコマーシャルなどで紹介しているほどです。

ウコンは多くの人の健康に貢献していることは間違いなくありまん。しかしながら、例外的に副作用が報告されているようです。

ウコン製品はそもそも食品であり薬ではありません。
食した結果、万人が健康になるわけでもありません。

ウコンのクルクミンの効能が研究結果として報告されていますが、大量に、それも長期間服用した場合には肝機能への悪影響が報告されています。

ウコン副作用にはどういったものがあるのでしょうか?
調べてみたところ、下記のような事例が報告されているようです。

ウコン茶を飲んだときに下痢や腹痛などの症状が出た事例
ウコンの摂取がきっかけとなって、肝硬変の60代女性の症状が悪化した事例
・B型やC型の慢性肝炎患者の方が肝機能悪化で入院された事例

ウコンは胆汁の分泌を活発化、肝臓の働きを良好にしますが、一方で過剰摂取、長期摂取は消化管に障害を起こすことがあるようです。

ウコンと肝障害の因果関係は解明されていませんが、仮にウコンが原因だったとしても成分が悪いのか、本人の体質や特定の製品の製造方法が要因なのかを見極めなければならない状況のようです。

前にも書きましたが、ウコンが多くの人の健康維持に貢献していることは間違いありません。

ただ、健康な人でも通常の食事やお酒と同様に、食べ過ぎや飲み過ぎといった行為を頻繁に行うことは、内臓への大きな負担となることは自明のことです。食品であるウコンについても同様だと考え、健康状態も踏まえたうえで適量を摂取するように心がけましょう。

そうすれば、ウコンはきっとあなたの生活に欠かせない存在になると思います。


ウコン製品なら『ぬちぐすいウコン』
ウコン専門通販ショップ/ウコンぬちぐすい
スポンサーサイト



テーマ : 食と健康 ジャンル : ヘルス・ダイエット

15:27  |  ウコン(うこん)の特長  |  トラックバック(0)  |  編集  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ukoninfo.blog67.fc2.com/tb.php/15-cbcb277f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |